マウスピースは必需品

様々なスポーツ

ボクシングなどの格闘技をする人は、試合中にマウスピースを装着すると思います。
しかし他のスポーツでも歯を食いしばった時に負担を与えて、次第に歯並びが悪くなるかもしれないので注意してください。
顎関節症になったら治療に集中しなければいけないので、スポーツができなくなる可能性があります。
大事な試合が控えている時に、余計な病気を発症しないように対策をしましょう。

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツや、サッカーやバスケットボールといったスポーツは激しいので歯を食いしばることが多いと言われています。
もし使用しているマウスピースが壊れたら、すぐ作り直してもらってください。
制作する時は、5000円前後の費用が発生します。

成長に合わせよう

大人はそれ以上成長することがないので、ずっと同じサイズのマウスピースを使えます。
しかし子供は成長するので、現在使っているマウスピースではサイズが合わなくなるかもしれません。
サイズの異なるマウスピースを使うと、歯並びが悪くなります。
顎関節症に繋がるので、子供が異変を訴えていたらすぐ新しいサイズを制作してもらいましょう。

特に子供の歯は柔らかく、歯を食いしばった時に負担を感じやすいです。
しかし子供に歯を食いしばってはいけないと言っても、スポーツをしている時は夢中になるので言いつけを守れないでしょう。
マウスピースがあった方が、安全にスポーツに取り組めます。
マウスピースは誰かとぶつかったり転んだりして、歯が欠けることも防いでくれます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ