食事をする時に注意しよう

顎関節症を予防する

歯並びが悪くならない努力をすると、顎関節症を予防できます。
そのために、片方の歯でばかり食べ物を噛むのは避けてください。
すると片方の歯ばかり擦り減って、バランスが悪くなります。
今は歯並びが綺麗な人でも、これから悪くなってしまうかもしれません。
片方の歯で噛む癖があると自覚している人は、今から改善してください。

顎関節症になって歯医者で治療しても、癖が治らないと何度も症状を繰り返します。
そのたびに歯医者に行くと、費用が高額になってしまいます。
治療もすぐに終わるわけではないので、無駄な時間も発生してしまいます。
最初から、顎関節症にならない予防をした方が良いでしょう。
努力で、顎関節症は防げると忘れないでください。

枕を調整してみよう

枕が高いと、首や顎に負担を与えてしまいます。
すると身体が痛くなったり寝付きが悪くなったり、最悪の場合は歯並びにも影響を与えます。
最近眠りが浅いことを悩んでいる人は、枕を変えてください。
自分の身体に合った高さの枕なら、歯や顎に余計な負担を与えません。
安心して眠ることができます。

また眠る時に歯ぎしりをする人も見られますが、それも歯並びに悪影響を与えます。
寝ている時に歯ぎしりをしていないか、家族に聞いてみると良いでしょう。
無意識にやってしまう人も多いので、改善するためにはマウスピースが必要です。
歯並びが悪くならない予防のためにもマウスピースが使えるので、気になる人は歯医者に行って制作してもらいましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ