歯並びが悪いことが原因

原因は歯並びと言われる

顎に痛みを感じたら、顎関節症になっているかもしれません。
自然治癒はできませんし、放置していると症状がどんどんひどくなってしまいます。
歯医者に行って、歯並びを治してもらいましょう。
顎関節症になる原因は、歯並びが悪く変な噛み合わせになっていることです。
ですから歯並びを綺麗にすることで、顎関節症の症状が緩和されます。

治療にどのくらいの時間と費用が掛かるかは、歯並びの状態によって変わります。
少しだけ悪くなっている人は、短期間の治療で済むでしょう。
しかしかなり歯並びの悪くなっている人は、半年から1年という時間が掛かります。
医師に詳しく状態を見てもらい、指示を受けましょう。
医師が完了というまでは、勝手に治療を終わらせてはいけません。

日常的にマウスピースを装着する

歯並びを綺麗に治すために、マウスピースを装着します。
最近は透明なマウスピースも登場しているので、矯正していることを周囲に知られたくない人はそれを選択してください。
マウスピースを装着している姿は、あまり見栄えが良くありません。
いくら治療のためでも、人と会う時は装着に抵抗を感じるかもしれませんね。

また食事中や、人と会う時だけマウスピースを外すこともできます。
その時は、帰宅したら必ずマウスピースを再び装着してください。
装着しない時間が長くなると、これまで矯正してきた意味がなくなってしまいます。
さらに、正しくマウスピースを装着しなければいけません。
取り外す予定の人は、医師に装着方法を聞いておきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ